TOKYO ALL TOYOTA

ボッチャ競技大会で日本代表選手にエールを

東日本大震災復興支援
2017ジャパンパラ ボッチャ競技大会

2017年11月18日(土)~19日(日) 武蔵野総合体育館

東日本大震災復興支援2017ジャパンパラ ボッチャ競技大会
2017年11月18日〜19日の2日間にわたり、「東日本大震災復興支援 2017ジャパンパラ ボッチャ競技大会」が武蔵野総合体育館にて開催されました。大会には、日本をはじめリオパラリンピックでチーム&個人戦を制したタイ、世界ランキング9位のイギリスの計3ヵ国が参加。東京オールトヨタは、ボッチャのさらなる普及や発展を目指し、大会の応援に駆けつけました。
熱い声援と大きな拍手で応援

熱い声援と
大きな拍手で応援

トヨタ自動車は「一般社団法人日本ボッチャ協会」とゴールドパートナー契約を締結しており、会場にはトヨタの都内販売店7社からメンバーが集まり大会運営をサポート。試合も観戦し、選手たちに熱い声援を届けました。ボッチャは、投球技術に加え戦略も必要なスポーツです。各国の熱い戦いを見守る中、勝敗が決まった瞬間は全員で大きな拍手を送りました。

“障がい者の気持ち”を実感

“障がい者の気持ち”を実感

会場では障がいをもつ方の気持ちを理解するイベントも実施。ボッチャ体験ではボールのコントロールが想像以上に難しく、プロ選手の凄さを改めて実感しました。義足体験では慣れない義足歩行に戸惑いながらも、障がいをもつ方の気持ちを知る貴重な体験ができました。これを機に、みなさまにもパラスポーツに興味を持っていただければと思います。

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真